介護職の仕事・バイト探しなら〜未経験・無資格でも働ける!

介護の仕事に必要な資格

福祉施設で働く介護は、未経験者でも働くことはできますが、資格を持っておいた方が就職においても有利です。
介護に必要な知識を学ぶ学校があるように、資格は大事です。
介護の仕事に必要な資格についてみていきたいと思います。

一般的な介護の資格

介護の仕事をするにあたり、まず最初にとる資格と言われているのが「介護職員初任者研修」です。
介護職をいずれ極めたい、この仕事で生活していきたい人にとっての第一段階となる資格でもあります。
通信講座でも簡単にとることができ、早い人では1ヶ月で資格取得することができます。
ホームヘルパー2級とも言われており、国家資格にチャレンジする前にとる資格です。
筆記試験が最後にあるので介護についての知識はある程度もっておかなければいけません。
「実務研修」は国家資格を受験するための必須資格となっています。
平成27年度から国家資格の受験資格に「実務研修を取得した方」と記載されることが決定されています。
実際に介護の現場を経験することで、いち早く状況をつかむことができ、キャリアアップのひとつとして大きな力となってくれます。
何事も経験という言葉があるように、実体験はこれから働く人にとって影響力は大きいです。
介護の仕事においてこの資格さえ持っておけば安心と言えるものが国家資格の「介護福祉士」です。
介護福祉士の資格があれば就職もスムーズにいき、年収もアップすること間違いありません。
資格を持っている人と持っていない人とでは大きな差があることを覚えておきましょう。

もっておくと便利な介護の資格

一般的な資格の他に、この資格も取得しておくと便利だと思われる資格をいくつか紹介していきたいと思います。
まず最初に紹介するのは「社会福祉士」です。
社会福祉士は高い介護に関する知識と社会におけるコミュニケーション能力が重要となってきます。
各地域における福祉関連の施設でソーシャルワーカーの役割として働くことができます。
普通の介護職よりワンランク上の仕事をしたいという方にお勧めしたい資格です。
次に紹介するのは「介護事務」です。
介護事務は人気のある資格でもあり、体を使う介護の仕事ではなく、デスクワークが中心となります。
デスクワークで介護関係につきたいという方には取得しておいてほしい資格です。
他にも様々な資格があるのでぜひチェックしてみてください。