介護職の仕事・バイト探しなら〜未経験・無資格でも働ける!

日勤・夜勤の1日のスケジュールは?

介護の仕事は介助が主になりますが、1日どのようなスケジュールとなっているのでしょうか。
デイケアではなく、利用者が毎日暮らすことになる介護施設の場合、夜勤もあります。
どのようなスケジュールになっているのかみていきたいと思います。

日勤の1日スケジュール

夜勤以外でも早番・日勤・遅番の3つに分かれています。
シフト制となっているのでいつどれになるのかは月によって違います。
早番の場合は、利用者が起床し始める7時から仕事開始です。
寝巻きから着替えの介助、朝食をとる食堂までの歩行介助を行い、朝食の準備をします。
利用者の入浴は午前と午後に分かれており、午前の場合は朝食後です。
朝食後に入浴予定のある利用者をお風呂場までつれていき、入浴介助を行います。
日勤の人が出勤してくる時間帯は9時となっており、ちょうど朝食が終わり、入浴介助を始める時間帯です。
ここから日勤も手伝います。
昼食まで部屋で過ごしている利用者の様子を確認したり、排泄介助や介護記録の記入を行います。
12時ごろが昼食時間となり、食べ終わった後は午後の入浴、排泄介助等をしていきます。
そして、レクリエーションを行ったり、おやつ時間でお話を聞くなどの仕事を夕食時間の5時ごろまで行います。
遅番はお昼ごろに出勤するところがほとんどです。
まとめてみると、早番は朝からおやつの時間まで、日勤は9時から夕方まで、遅番は昼時から夜8時ぐらいまでとなっています。

夜勤の1日スケジュール

夜勤の始まりは夜の6時頃、夕食時間に合わせたところが多いです。
夕食が終われば歯磨きや就寝準備の介助等を行っていきます。
ほとんどの施設では就寝時間が21時となっており、21時までは利用者のお世話が中心的です。
21時以降は利用者に異常がないかどうか2時間に1回ほどの見回りを行い、介護記録を記入していきます。
深夜2時・3時になると排泄介助が必要な利用者のもとに行き、おむつの交換などをします。
起床時間にくるまでこの繰り返しです。
1時間等の仮眠時間は設けられていますが、常にコール音に備えるためにも意識は集中しておかなければなりません。
夜勤は夜の18時〜翌日の8時・9時までが勤務時間となっています。