介護職の仕事・バイト探しなら〜未経験・無資格でも働ける!

気になる介護の給料ってどのくらい?

誰もが気になる介護の仕事に関する「給料」は、一般的に低いと言われています。
よく耳にするのは、体力面も精神的にも疲れるのにその分給料が少ないという理由で辞める人が多いということです。
実際に介護の給料は現在どのくらいなのでしょうか。

平均年収は?

介護の仕事の平均年収は勤続年数5年〜6年で約340万円です。
今現在、働いているすべての人の平均年収に近い年収となっているので、そこまで低くはありません。
女性の場合はもう少し平均年収が低い傾向がみられます。
だいたい、男性が平均年収340万円ほどで、女性は40万低い300万円となっています。
介護の仕事も介護福祉士やホームヘルパー、雇用形態も正社員からアルバイト・パートまで様々な種類があるので、それぞれ給料には差があります。
しっかり学校で学び、資格を持っている人ほど良い給料の職場で働くことができます。
国家公務員である介護福祉士の資格を持っていれば、平均年収300万円は得ることができるでしょう。
資格を持っているかいないかで良い職場に巡り合う確率がだいぶ変わってきます。

初任給の平均は?

介護関連の初任給は普通のOLやサラリーマンと比べると正直低いです。
基本給が15万〜17万円となっているため、初任給はおよそ月収12万〜14万円と正社員でもこのくらいしか手取りはもらえません。
残業代や様々な手当てで1万〜2万円アップすることもありますが、基本は12万〜14万円と思っておきましょう。
正社員でもこのくらいの初任給となっているのでパートやアルバイトはもっと低いです。
給料があまりにも低く、生活に困る人は本業のほかに空いた時間を見つけてはアルバイトやパートをしている人も少なくありません。
初任給が高く、福利厚生もしっかりしているところは安心です。
介護の求人が増えてきているので、これからはもっと給料が良い職場が現れるでしょう。
できるだけ給料が高いところに就職するためにも資格を持っておかなければなりません。

アルバイトやパートの給料

時給に換算すると、正社員よりもアルバイトやパートの方が給料が高い傾向にあります。
探してみると時給1,000円以上で募集している介護施設や老人ホームもあり、時間も比較的自由に決められます。
人手不足から結婚や出産を機に1度職場を離れた人が戻ってこれやすいように様々なところで工夫しているのです。
また、仕事内容によってもアルバイト・パートの時給は変わってきます。
例えば入浴介護は1日5件〜7件をまわります。
1件ずつではなく、日給で支払われるところが多く、だいたいが日給7,000円〜となっており、比較的時給は高めです。
様々な仕事内容を比較して選ぶと良いでしょう。